バンコク 歯科医院

インレー・オンレー

インレー・オンレー (Inlays & Onlays)

何回が詰め物が取れたのをやめて、固く固定強くセラミックインレーに!
バンコクスマイルの最新技術でご紹介します

Implant

インレー・オンレー とは?

ンレーやオンレーは歯科の治療。歯がたくさん虫歯や故障などを40%以上に壊れ、部分の冠として治療法です。
インレー(inlay)とオンレー(onlay)、その2つにはどのような違いがあるは形が異なります。詰め物より長くを持ち(10年以上)で技工所で精密に作られるから歯の強化にもなります。

インレー・オンレーは何の素材が使われますか?

日本の国民保険対象治療のものでは金属制で限られています。セラミックのもの(白い・歯の色似て)は対象外のため、昔は人気ないですが、最近では審美歯科の発展と共にセラミックの透明な物で流行っております。

歯の色・
セラミックは出来ない(高すぎる)と他にはありますか?

コンポジットレジン系の詰め物ではありますが、レジンはプラスチック性もので、3-4年にかなり変色したり形の変化が恐れあります。

治療の流れは?

セラミックまたはコンポジットレジンのインレーでも治療手順はこの下になります

  1. 診察とレントゲンで歯の状態を検索次第で治療の計画を立て、流れ、治療回数また費用を確認する。
  2. 治療を開始の際、最初回のアポイントメントで麻酔を掛けます。
  3. 歯の形のより削ります。虫歯や欠けた部分を削って、残りの健康歯を残す。
  4. ここからは人口歯を作るため、印象を取ります。ラッバー(ゴム)みたいなものでトレーで形を取る、またはデジタルのスキャンナーで(印象無し)行う。
  5. 仮詰め物を入れます。インレーは最低2回の治療が必要なのはここは人口歯のインレーが出来上がるまで、空いているところは欠けないように、仮詰め物で埋めます。
  6. 技工所でインレーを精密に作られます。 クリニックから技工所まで、印象またはデジタルスキャンファールを送ります。(ここからは5-7日間で待ちます。)
  7. 接着の2回目の治療で、インレーをレントゲンで合わせ、噛み合わせを調整します。そこで接着材で付けます。

よくある質問

Q: インレーは普通の詰め物よりメリットは?

A: 日本保険内のレジンプラスチックのみの詰め物とは異なり、性質はセラミックとプラスチックの混合物なので、硬すぎず軟らかすぎず、耐久性があります. 歯が多少(30%以内)ならどちらにも差がない、が40%以上に欠けた場合にインレーまたは全部冠(クラウン)が進めします。メタルもセラミックの種類もあり、強く特徴を持っています。

Q: インレーはどれぐらい持ちますが?

A: 詰め物では3-5年には持つ。セラミック・メタルインレーでは15-20年も持つ。なので、価格と使える期間としては高いではないでしょう。

Q: いんれー・オンレー と被せ物(クラウン)の違い?

A: インレー・オンレーはただ無くした部分だけ差し入れる。クラウンのほうは全部歯を小さく削る、冠(クラウン)を被せる。なので、クラウンより歯を削るが少ない。

Q: どうやってインレー・オンレーは歯と直接するですか?

A: 全類のインレーでは接着剤で付けます。

Q: 現在のメタル・銀歯や壊れたら、白い物に交換できますか?

A: 普段ではメタルの強さあり、あまり欠けないですが、取り外れが多いです。もとに付けられる可能あれば、戻せます。その際、白い物セラミックに交換でも可能です。

Q: なぜインレーが価格高いでしょうか?

A: 人工歯は技工所でインレーを精密に作られるため、コストは詰め物より高い。詰め物では3-5年には持つ。セラミック・メタルインレーでは15-20年も持つ。なので、価格と使える期間としては高いではないでしょう。

Q: 今、何か所も銀歯をいっぺんに白いものを交換できる?

A: 可能です。せっかく麻酔をするのに、隣に繋がっているから、一緒に形の印象取り、接着同時に行われられます。


Top